人間観察日記

このブログは、自由気ままに思ったことだけを書く自己満ブログ。

【一人暮らし必見】おすすめ洗濯方法と洗剤・柔軟剤

私が一人暮らしを始める上で、こだわった家電。

 

それは・・・

 

そう、洗濯機です。今は基本的に洗濯機を回すのは週に2〜3回ほどで、平日1回+休日1〜2回くらいです。

 

洗濯機はSHARPの穴なし槽6kgタイプを買いました。穴なしのため、槽の手入れがしやすいと言われ購入を決めました。

 

 実際に使ってみても、特に不自由なく使えております。大きさも6kgあれば十分です。

布団も洗いたい場合は、もう少しでかい容量の物でもいいかもしれません。

 

でも、もし次買うとしたら、乾燥機付きドラム式洗濯機が欲しいです・・・(動画で見て欲しくなった)

 

 

まあそんな高望みは置いといて、私が行っている洗濯方法と使用している洗剤・柔軟剤をご紹介します。(参考程度なので、一度試して見てーくらいの物です。)

洗濯方法については、色んな動画、記事を元に実践して効果があった内容を記していきます。

 

【洗濯ポイント1】水量は洗い物がしっかり浸かる量で回す

今の洗濯機はボタンを押すだけで、自動で水量を決めて回してくれますが、自動だと水量が少なため、汚れが落ちにくい原因にもなります。

そのため、私は、洗濯物に対して、十分に浸かる水量に設定して回しています。

 

【使用洗剤】

アタック ZERO(ゼロ) 洗濯洗剤 液体 ワンハンドプッシュ

 

これのメリットは、とりあえずプッシュなので、入れる時が、楽です。あとは、部屋干ししても嫌な臭いがしないってところです。

部屋干しって言うと生乾き臭、部屋干し臭がするイメージでしたが、最近の洗剤技術はすごいですね。個人的には部屋干しの方が、しっかり、洗剤、柔軟剤の匂いが残る感じがします。ぜひ参考までに・・・

 

【洗濯ポイント2】洗いとすすぎ・脱水を分ける

これは少し時間のない時にはおすすめできませんが、時間のある時は、洗いとすすぎの間に、柔軟剤を浸ける時間をとるのがおすすめです。

これをすると、洗濯物を乾かした後の柔軟剤の香りがいい感じに残る気がします。

洗い後の、浸ける時間は、いつも5分くらいにしてます。

そこからすすぎ、脱水を始めます。

 

柔軟剤を入れすぎると、服が痛んで、お気に入りの服も着れなくなってしまうため入れすぎには注意が必要です。

使用方法、量は規定量かそれより少し多めに入れるくらいにした方が良いと思います。

 

 

おすすめは黒のアロマリッチ、でもこれは人それぞれなので、自分の好みに合った柔軟剤を探してみるのも面白いですね。

 

 

 【洗濯ポイント3】服やタオルにあったハンガーを使う

これは洗濯後干すときの注意点。一番ダメなのは生乾きです。

しっかりとシワを伸ばし、十分に乾燥できる環境で干しましょう。

パーカーなどはフード部分が乾きにくく生乾きになることがあるため、フード付き専用のハンガーを使うのがおすすめです。ニトリや無印にそういった専用ハンガーは取り揃えているので、新生活を始めた後に買い足しに行くのもいいと思います。

 

タオルは一番生乾きになりやすい気がします。きちんと全体が乾くように、タオルだけは外の十分に風が当たるところで干したり、乾燥できる環境に特に気を使うことが大事です。

 

ハンガーは全てあわせたものを使うと、ハンガーラックに掛けた時に統一感が出るため、ある程度まとめて同じものを買うのがおすすめです。

 

とりあえず20本くらい、ステンレスのものを買っとけばある程度いい感じに見えます。笑

プラスチックの方が安いですが、ラックに掛けた時に映えるのはステンレスですね。

 

 

 

まとめ

洗濯もまずは実践あるのみです。様々な情報がある中で、一度試してみようかなくらいに思ってもらえれば幸いです。

 

 

他にこんな洗濯方法あるよとかおすすめがあったらぜひコメントで教えて欲しいです。

実践してレビューします。

 

ではまた・・・・