人間観察日記

このブログは、自由気ままに思ったことだけを書く自己満ブログ。

SNS普及による承認欲求が高まっている件。

時代は変わる。

 

かつルイヴィトンやグッチは「お金持ち」しか持っていなかった時代から、今やそこらへんの高校生たちもハイブランドを普通に持っている時代に変化してきているのではないか。

 

昔ほどハイブランドへの憧れというものは薄れてきている現代、一つは、技術が進化したことにより、多くの物が行き交うようになったことが要因であろう。

少し前からニュースでもあげられる「モノ」から「コト」消費への変化である。

 

 

偉大な方々によるそしてそれを陰で支えた方達の努力によって、この世の中でできることというのが本当に増えてきた。

 

 

近年では、SNSの普及により芸能・文化人だけでなく、一般の人でも多くの人に意見を発信できるようになってきた。

ストーリーで芸能人風におしゃれなカフェでチルしている写真をあげたり、芸人のような体を張った芸を動画で投稿したりと、かつては観る側だった人が、魅せる側に変わっていっているのである。

 

Panasonic 衣類スチーマー NI-FS750-S シルバー スチームアイロン (同等品:NI-CFS750-S) パナソニック 【即納・送料無料】

価格:11,980円
(2021/4/22 22:13時点)
感想(1件)

 

 

最近思うが、こうした誰もが簡単に自分のことを発信できることにより、昔よりも承認欲求が高い人は確実に増えていると、、、

 

別にそれが悪いとか良いという話ではないが、こうした承認欲求の高まりはその人自身の幸せを阻害してしまうのではないかと考えてしまう。

 

 

完全に私の主観だが、SNSにアップするために行動をすると、空虚なものになってしまう気がする。

インスグラムやTwitterに載せることが目的になってはいけない。その場で、楽しんだり、いろんな感性を磨いた瞬間を他の人にシェアする感覚でいるのが良いと思う。

 

 

SNSとの向き合い方は、私も考えていかなければと考えている。使い方次第では、自分にとって多くの利益をもたらす一方で、SNSに時間を取られすぎると、時間の無駄遣いになる場合もある。

 

 

SNSに依存する生活は人生を豊かにできるだろうか。人と人との物理的な距離は離れている中で、心の距離を縮めるツールではあるが、それが目的になってはいけない。

ぜひあなたのSNS感も聞いてみたい。